2B4 13:25~14:10
【事例】
設計効率化とナレッジ共有のための設計環境基盤構築
パナソニック デバイスSUNX株式会社
技術ナレッジ推進室 技術ナレッジ推進課
課長
宮田 和佳 様
電気設計環境において今までの環境では最新の設計に対応するのが困難になってきました。また、電気部品のEOLも年々増加しているため、それらに対応する工数も増え続けています。さらにこれからは、設計の効率化やナレッジ共有を行うことも必要になってきます。今回、図研の協力の下、DS-CRの導入とCR-5000からCR-8000への置き換えを行い、現状の対応と将来に向けた基盤を構築することができました。本講演では、新たに構築した弊社の電気設計環境について紹介いたします。
【対象製品】CR-8000 Design Gateway、CR-8000 Design Force、DS-CR
【分野】設計環境の刷新
【業種】産業機器・生産設備